時速3キロ 四国88箇所まったり歩き

還暦のチャレンジで、一度は行ってみたかった歩き遍路に挑戦しました。 足が遅いので時速3キロで、トータル61日間かかりました。。 野宿中心なので野宿ポイントの写真も多数アップしていく予定ですl

    ※お遍路の記事だけを順番に見る場合は左の「カテゴリー」からどうぞ!(古い記事から表示)

    野宿装備

    2巡目のお遍路に向けて検討した野宿装備のうち、バックパック等を紹介します。
    2021-04-01 08.28.39
    ■バックパック
    ザックの軽量化に向けて検討した結果もっとも魅力を感じたのはこれだった
    重さ387グラム!!


    重さというより軽さだ笑
    このメーカーの取扱店に最近出向いて実物を見てきた。
    ペラペラで軽い!!
    しかし想像したいたよりはるかに小さかった。。。
    メーカーの説明によれば8キロぐらいの荷物なら快適に持ち運べる設計らしい。
    野宿装備一式を入れられないこともないけど少し小さいかなと感じた。
    このザックの特徴は重さを腰で受けるのではなく肩で受けることだ。
    岩場や急登などで下半身を自由に動かせることをアピールしている。
    しかしお遍路ではそこまでシビアに腰を自由にさせてあげる必要はないのでは?と思った。
    でも、腰が悪くて腰に負担をかけたくない場合や宿遍路ならこれはアリかもしれない。

    次に検討したのはこれだった



    重さは940グラム
    まあMINI2に比べたら相当重いけど、今持っているザックの1.7キロよりははるかに軽い。
    強いて言えば
    • 防水ではない
    • 上下方向の調節ができない
    ので自分の体に合うかどうかは実際に背負ってみないと何とも言えない。

    結局今回は見送ることにした。

    結論としては、前回お遍路で使用したザックをそのまま使おう!と思う。
    重さは1.7キロだ。
    理由は、
    • 防水性能
     前回お遍路では散々雨にあった。多少の雨ならポンチョを着なかったのだが、(ザックカバーもなし)中身が濡れることは全くなかった
    • 上下の調節ができる
     自分の体に合った最適なポジションに調整することができた。ちゃんと調整すれば体と一体になった感覚の背負い心地になる
    • 重くても軽い?
     荷物は軽ければ軽いほど良いと思うが、ザックだけは別だ。このザックは重いけど背負う荷物を軽く感じた。
    実際近場の山に中身5キロぐらいの荷物を背負って行ったけど(トータル6.7キロぐらい)、全く苦にならなかった。まあ前回のお遍路ではガッツリ腰に応えたけど笑
    • 作りがタフ
     お遍路で60日、その他登山やハイキングで20日以上は使ったがヘタったり破れたりすることも全くなかった。
    • 背中に空間がある
     背中にある空間のおかげで汗でベトベトで不快といったことがなかった

    次回も相棒にすることを決めたザックはこいつだ


    ■山野袋
    山野袋は前回お遍路の途中で購入した。
    ペットボトルや地図をすぐに取り出せるし、お接待でいただいたものもすぐしまえるのでとても重宝した。

    重さはあっと驚く440グラム

    これをなんとか軽量化できないか考えた。
    必須なのは、ペットボトルが入ることと地図が入ること。
    ウェストポーチやサコッシュなどあれこれ検索したんだけど、この
    山野袋はファッションなんだ!という思いに至った。
    前方遠くから見てもお遍路さんだ!とわかるでしょ?

    なので、現時点では次回も連れて行こうと思っている。

    んーー、でも何かいい作戦はないかなあ?
    白のショルダーバッグでウルトラライトなものを探して
    マジックで「同行二人」って書いちゃおうか?とか笑(半分以上本気で)

    ちなみに上で紹介した山野袋、ネットショップでは4320円(税込み)だけど私は
    29番すぐの遍路用品店で私は税込み2500円で買った!(2021年4月時点)

    もくじに戻る

    2巡目のお遍路に向けてバージョンアップした野宿装備のうち、充電グッズを紹介します。
    dc8163b07485cf06904c9c96a58e33c6

    ■モバイルバッテリー
    前回のお遍路に持って行って途中で同じものをもう1個追加で買ったのは、Ankerの10000mAhで180グラムの軽量なものだった。
    しかし色々最近調べていて、高速充電というキーワードに行きついた。
    今まではスマホ自体には高速充電の機能があったんだけど、日常生活でそんなに必要性を感じていなかった。
    でも、よくよく考えたら野宿遍路のように充電できる場所が限られている場合こそこの高速充電の真価を発揮できるのでは?
    というわけで、高速充電対応のモバイルバッテリーを購入した。

    購入したのはこれ


    重さは194グラムで14グラム重くなった。
    しかしコンビニのイートインやおもてなしステーションなどで充電するときに2倍や3倍のスピードでできるのは素晴らしい!(説明によれば最大3倍らしい)
    実際試してみたらホントに早いのね笑
    30分で60%ぐらい充電されたよ!(iphone SE第二世代)
    これは買ってよかった。

    ■充電器
    高速充電するためには充電器も変えなくてはならなかった。
    これがまた高いんだなあ

    購入したのはこれ


    重さは68グラムだ。こちらは古い充電器よりだいぶ軽くなっている!
    その結果充電器と合計すると、17グラム軽くなった
    ちなみにこの充電器にUSB Type C←→USB Type Cのケーブルが付属しているんだけど、片方にUSB Type Aに変換できるアダプターがついている。ただそのアダプターを使ってソーラーパネルから充電しようとしたら全く通電しなかった。結局USB Type A←→USB Type Cのケーブルを100均で買ってつないだら普通に充電できた笑

    ■充電ケーブル
    高速充電ができるようにするには、ケーブルも高速充電に対応しているものでないといけない。
    ケーブルって何が必要なのか整理しないとわかんなくなる。
    私の場合だけど、混乱したからExcelで整理した
    ※スマホだと右側切れるかもしれませんm(__)m

    No. 充電経路 From To
    1 ソーラー→バッテリー USB A USB C 100均で購入
    2 バッテリー→iphone USB C ライトニング アマゾンで購入
    3 AC→充電器→バッテリー USB C USB C バッテリーに付属
    4 ソーラー→iphone USB A  ライトニング 持ってた
    5 AC→充電器→iphone USB C ライトニング アマゾンで購入
    6 バッテリー→ランタン等 USB A  マイクロUSB 持ってた

    このうち2と5は同じものでなので合計5種類のケーブルが必要だと理解した。
    赤くした部分は高速充電。
    こいつはアマゾンでポチって1はダイソーで買った。1をダイソーで済ませたのは高速である必要がないからだ。


    私はiphoneなのでこんなにケーブルが必要だったけど、androidならもっと少なく済みそうね。

    ■ソーラーパネル
    前回のお遍路で泣く泣く送り返したソーラーパネル笑
    最近物色してたらAnkerの小さくて軽いやつの在庫があるではないか!
    (前はどこにも在庫がなかった)
    てなわけで、プライムデーでゲットしたポイントで思わずポチっ笑

    最初に買ったやつ:750グラム
    これ:360グラム
    これだけ軽ければ負担にならない。
    何よりソーラーパネルはロマンだ!笑

    アマゾンのレビューを見ると買いたくなくなるけど、多分接続を間違えてるとか製品の特性をわかっていない人がボロクソ言ってるような気がする。

    実際テストしてみたが、条件さえ良ければ普通に充電できたよ!
    まあ歩きながらだと太陽の角度もなかなかいい条件にはならないけど、休憩や朝一などに地べたに置いて充電すればいいと思う。
    (歩きながら直接スマホに充電するのはやめたほうがいい。スマホは電源が安定していないとすぐ充電をストップするからモバイルバッテリーに充電する)
    実際家のベランダに放置しておいたらかなりの効率で充電できた。

    購入したのはこれ


    まあ災害対策として日本沈没に備えるのもいいかもね!


    もくじに戻る

    にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
    にほんブログ村

    ■Tシャツ
    前回のお遍路ではユニクロのエアリズム(超軽量・ペラペラ・速乾)を着ていた。
    わかったことは、いくら速乾でも吸収するよりかく汗のほうが圧倒的に多いのであっという間に限界に達してしまう。
    一番まずかったのは、汗をかいた状態で気温が低いと体温を奪われることだった。
    正直Tシャツなんて何でもいいじゃね?と思ってたけど重要だったのね・・
    そこで今回買ったのは【メリノウール】を使ったもの。
    これだと保温性もありそうなので快適なのでは?と思っている。一応アウトドアブランドだし


    この商品の重さがわからなかったんだけど、実測したら126グラムだった(サイズM)
    近場の登山やウォーキングで試してみたら感想は追記していこうと思う。

    ※2021/10/4 追記
    昨日このTシャツを着て山に登ってきた。
    最高気温27度を結構暑く、汗もかいたんだけど乾くときに冷たさを感じず気が付けばサラサラに戻っていた!(地肌に直接着た)
    こりゃ気に入った!!これなら寝るときにそのまま着てても大丈夫かもしれない。

    ■ダウンジャケット
    前回お遍路で何気にすごく活躍したのがダウンだった。
    ・寝るときに寒さをしのぐとき(場合によっては寝袋は閉じないでダウンだけ着て寝たり)
    ・早朝テントの外で(体があったまっていないからじっとしていたら寒い)
    ・雨や汗でびしょびしょになった時、Tシャツを着替えてその上にダウンを着れば冷え切った体を温められた
    持って行ったのは有名なユニクロのウルトラライトダウンだった。
    パーカータイプだったのだけど、最近重さを計ったらなんと310グラム!もあってびっくり!
    全然ウルトラライトじゃなくね???
    モンベルも高いのはため息が出るほどなので笑 価格と重さを考えるとこれがぐらいが妥当かなあ?
    平均重量は156グラム(女子137グラム)。。ユニクロの半分!(値段はユニクロの倍)
    ※モンベルはアマゾンだととんでもなく高い値段がついてる場合があるから注意
    こちらはモンベルのサイトなのでご安心を↓

    女子はこちら↓


    まだ悩んでいて買っていないんだけどね笑

    ■パンツ
    パンツは前回時は、リュックに洗濯ばさみでぶら下げて乾かした場合でも恥ずかしくないようにDIESELのパンツを持って行った笑
    最近いいパンツを物色していたらこんなものを見つけた!
    3日間はいても匂わないパンツ!!

    これなら3日間はいた後裏返してもう3日間、合計6日間洗濯が出来なくても大丈夫だ!
    うーん・・でも
    高い・・たかがパンツのくせに笑
    これを買うなら臭くなったら新しいのを100均で買って、臭いのは捨てればよくね?
    という考えも浮かぶ。
    でも洗濯せずに捨てるなんて環境に優しくないわな。
    というわけでまだ買う決意には至らずだ。

    ■靴
    前回のお遍路にはキャラバンの軽登山靴(C1_02S ゴアテックス)を履いて行った。
    しかしとても重さを感じたので、もっといい靴はないかなと思っていた。
    重さは片足何と540グラムあった・・

    日傘のお遍路さんがナイキのペガサスがいいよ!と薦めてくれたので、まあ騙されたと思ってこれを買ってみた。笑


    そして近所の散歩・ウォーキングや山登りにかなりこいつを履いて出かけた。
    とっても軽く、通気性もいいし20キロ歩いても大丈夫だった!
    重さは片足290グラム。ただしゴアテックスではない。
    通気性がいいから足の体温で乾かす&雨でびしょびしょになったら靴下を履き替える!
    そういう作戦を取ろうと思う。
    あとはダイソーのマイクロファイバータオルで乾かすことも考えている。

    次回のお遍路はこいつと行くことに決定!

    ■サンダル
    野宿じゃなくてもサンダルは欲しいところではないだろうか?
    イケメン君はお寺ではサンダルに履き替えるという作戦を取っていた!!

    新しく買ったのはダイソーのサンダルだ!
    IMG_0513
    片足66グラム!!
    期待していなかっただけにうれしい軽さだ。
    しかもこのサンダルは
    IMG_0514
    このように合体できるのだ。
    持っていたクロックスもどきのやつはこれが出来ずにザックのサイドポケットに入れると大きくはみ出してしまうのだった。
    ところで私の足は4Eなので(アヒルの水かきのよう)ダイソーのサンダルはほとんど横幅がきつくて入らなかった。
    これはやっとみつけた27センチのやつだ。(普段は25センチ4E)


    うっかりポチってしまうボタン↓


    もくじに戻る

     

    ソーラーパネルはお遍路練習の時に毎回リュックにぶらさげてテストしました。
    2021-01-16 10.38.58

    時期は冬だったので、太陽はだいぶ下です。
    リュックにぶら下げるため、太陽の方向にうまく向いているとは限りません。
    むしろ全く逆だったり笑

    そんな中で、条件のいいときは6時間ぐらいの歩きでアンカーの10000モバイルバッテリーのランプ1つ分を充電することができました。
    単純に2500??
    私のiphone SE2はバッテリー容量が小さいので、このランプ1つ分あれば20%程度からフル充電できる計算です。

    このソーラーパネルのいいところは
    ・デジタル表示がついていて、今どんだけ発電できているのかを確認することができる
    ・自動リトライ機能があり、くもりになったり向きが悪くなってもコードを再接続する必要がない
    >>この機能がないやつだと状況が悪くなったら、コードを抜き差ししない限り永遠に再充電が始まらない。そのことを知らないと全く充電できないということに。
    ・曇りでもある程度発電している
    です。


    太陽がもっと高くなる季節だともっと実力を発揮できそうです。
    でもお遍路で毎日晴れるわけもないしあくまでロマンですけどね笑
    あ、万が一の停電時に自宅のベランダに置いておけばスマホのバッテリーぐらいなら確保できるし平常時でも天気のいい日はあえてこれで充電すると電気代の節約にもなるのででおすすめです。

    ホームへ




     

    ※準備編をスキップしてお遍路初日から見たい場合はこちらから
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    2021年歩き遍路 初日

    お遍路の準備として買った装備です。

    ■バックパック
    いろいろ調べた結果これを購入。
    2020-12-19 12.31.45

    大きさは50L。でかいけどねーそう、テントや寝袋を持っていくのでちょうどいいぐらいかな?
    気に入ったのはフロントがガバっと簡単に開くこところ。
    あとは左右にもファスナーがあるのです。




    ■モバイルバッテリー
    持っていたのは一番上のやつで5年ぐらい前に買ったもの。
    いちおうソーラー充電はついているんだけどほとんど役に立たないし重すぎるので、真ん中のやつを購入しました。10000mAです。重さは驚きの180グラム!!
    ちなみに下は10年以上前のサンヨー「モバブー」。

    2020-12-23 19.53.44



    ■予備用電池式充電器
    単三電池4本使用するタイプの充電器を予備用として購入。
    ただし、説明を見る限りスマホ50%~70%充電できる程度のようなのであくまで非常用として。。
    2020-12-22 22.50.40

    ※単三電池4本も
    2012/10/5 追記 もう売ってないみたいです。やっぱりフル充電できないのはネックかな

    ■テント
    今まで持っていたテントが約2.5キロだったんだけど、少しでも荷物を軽量化するために1.6キロぐらいのテントを購入。
    2020-12-22 19.44.41
    下が新しいテント。



    ※2021/10/5 追記
    ペグとロープを除いた実測は1500グラムちょうどでした。

    ■靴下
    いろいろネットを調べたりしてたら5本指の靴下が良いらしいので、ワークマンで調達。
    ウール混でかなり厚手。
    これのほかに普段から使っていた登山用のかなり厚手の靴下2足を持っていきました。
    (先は丸いタイプ)
    2020-12-25 17.08.05


    ■ソーラーパネル
    基本的に野宿な予定なので充電の確保は大きな課題ですね。
    多分出川哲郎の番組のように、温泉に入ってる間に充電させてもらうとか外食している間にとかいってもたかが知れてそうなのでなるべく自力で調達できるように。

    モバイルバッテリーを軽くしてこれを購入。
    アマゾンでいろいろ検索してたのだけどこの手の製品はサクラチェッカーで調べたらことごとくサクラ度90%以上でして・・
    買った製品もサクラ度90%ぐらいだったんだけど笑、ブログでレポート書いている人の記事を見たりして慎重にこれをチョイス。実際どうだったかは記事を書く予定。
    2020-12-23 22.14.38

    ソーラーパネルはバックパックにカラビナ(付属の)でぶら下げます。
    2020-12-26 10.11.28


    ※2021/10/5 追記
    かなり実用的に使えますよー。ネックは重さだけ。

    ■地図
    必需品と言われている歩き遍路専用地図をアマゾンで。
    思ったよりでかかった。。
    地図を見るだけでテンション上がる笑
    2020-12-29 19.51.47

    ■靴
    靴は山歩き用に買ったこれ




    色とかサイズは違うけど。。
    靴についてはみなさん言ってることがバラバラで、舗装路が80%だから登山靴はNGとかウォーキングシューズがベストとかトレッキングシューズだとかスポーツサンダル最強だとか雨の日に濡れるのはあきらめろとか笑

    しかし
    自分の持っているキャラバンC1_02Sと同じ靴を愛用している歩き遍路さんのブログを発見!
    その人は3000Kmごとに同じ靴を履き替えているってのを読んで、新たに買い替える必要がないというか今のが最強なんじゃ?と思ってる。

    ■スポーツタイツ



    膝を守るために迷ったけど思い切って購入。高かった笑
    腰の負担も軽減してくれるようなので効果に期待

    ■エアーマット



    10年ぐらい前の自動膨張式のマットを持っているのだけど、これのほうが軽かったので購入しました。

    ※2021/10/5追記
    お遍路で使用2回目で死にました笑


    ■納経帳
    ミニサイズの納経帳をアマゾンでポチ。


    これもテンション上がるー笑

    ■白衣
    袖なしの白衣。これもアマゾンで。




    新品だといかにも初心者だとバレるのが恥ずかしいので一度洗濯して使用済み感を演出笑


    ■納札
    200枚のものをアマゾンで。


    ※200枚って意外と重たいんですよね・・お寺によっては100枚入りを100円で売ってたりするってことが後で知ったんだけど最初に書いておきたかったから


    ■ポンチョ



    ※ポンチョを持っていくのでザックに付属のカバーはおいていきます。

    以上、お遍路のために買ったものでした。

    その他、以下のものはもともと持っているものを持っていきます。

    ・寝袋
    ・イワタニジュニアバーナー
    ・コッヘル
    ・マグカップ
    ・ブリタ浄水ボトル
    ・先丸の登山用厚手靴下2足
    ・ユニクロのウルトラライトダウンジャケット
    ・ヘッドライト
    ・LEDランタン
    ・着替え類
    ・トレッキングポール1本(1本は金剛杖を買う)

    準備編2へ


    このページのトップヘ